.net対応 仮想データベースソフトウェア InfoUnityMONO 分散データアクセス

 

 

iu_acc

InfoUnity MONO は、異なるベンダ・異なるバージョンのRDBMSやExcel、Accessを仮想的に統合し、あたかもひとつのDBであるかのように公開することができます。
各種設定用にGUIをご用意。また分かりにくいカラム名を和文に変更することができます。さらにベンダによるSQL関数の違いを吸収することができるなど、「使う人の立場に立った」簡単機能を実現しました。

分散する異種DBに対して一元アクセス
InfoUnity MONO は散在する異種データベースに対する一元的なアクセスを実現します。
InfoUnity MONO を利用することにより、利用者は個々のデータベースの場所やベンダ・バージョンの違いなどを意識することなく、あたかもひとつのデータベースであるかのように簡単にデータを取得することが可能となります。対応データソースはOracle、SQL Server、DB2などのRDBMSをはじめExcelやAccess、FileMaker Proなど、ODBCドライバ経由で接続可能なデータソースであれば利用することができます。
アプリケーションから InfoUnity MONO へはADO.netまたはODBCにて接続することができるので、パッケージアプリケーションから、またはアプリケーション開発を行う際にも接続が容易で、データ利用の幅が広がります。

iu_vari

【 InfoUnity MONO アーキテクチャ 】
iu_vari2

 

元DBをそのままにデータを仮想的に統合
InfoUnity MONO は実データを持たず、データを仮想的に統合するため、接続するデータソースには一切変更を加える必要がありません。
InfoUnity MONO はデータソースへの接続やテーブル/ビューの設定をはじめ、動作に必要な設定はすべてウィザード形式で行うことができるため、特別な知識や新たなスキルの修得は不要です。また設定の変更も容易に行えるため、業務内容の変化に伴うシステムの更新/変更にも柔軟に対応でき、システムの運用管理にかかる時間・手間・コストの大幅な削減に貢献します。